2019/3/4(月)~5(火) FOOTBALL COMPETITION 18-19【CHALLENGE③】【ENJOY④】波崎

新時代を築く、チームの誕生!!

2019/3/4(月)~5(火) FOOTBALL COMPETITION 18-19【CHALLENGE③】【ENJOY④】波崎
2019/3/4(月)~5(火) 【CHALLENGE③】【ENJOY④】波崎
早稲田大学 HUMAN FC
  • 準優勝

    準優勝

    駒澤大学 サッカー同好会 K

  • 戦評

    FOOTBALL COMPETITION 2018-19 CHALLENGE&ENJOY
    降りしきる雨の中、開催となった今大会。
    決勝に進出したのはこの2チーム。
    早稲田大学 HUMAN FC VS 駒澤大学 サッカー同好会K

    この2チームの激闘を振り返ろう。

    〈前半〉
    5分’駒同にいきなりのチャンス。ゴール前でFKを獲得するもゴールならず。
    続けて10分’20番菅原がシュートを放つも枠外に外れる。

    反撃をしたいHUMANは、15分’30番滝澤から、88番杉本に展開。
    マイナスのクロスを上げるも、タイミングが合わず。

    ここからはHUMANがボールを保持しながらゲームをコントロールしていくも、決定的なチャンスは作れず、
    前半を折り返す。

    〈後半〉
    入りを掴んだのは、HUMAN。
    立て続けにチャンスを作る。

    3分’細かいパスを繋いでゴール前へ、99番鈴木がシュートを打つも枠を捉えられず。
    4分’92番丸山が相手のクリアーミスのこぼれ球をシュートは、ゴールの上へ。
    6分’ゴール前でルーズボールを25番根本がシュート、GKが触るもゴールネットを揺らす。
    先制点を奪ったのはヒューマン。

    追いつきたい駒同は12分’左サイドをドリブルで駆け上がるも、シュートまで持ち込めず。
    16分’左サイドから20番菅原がクロス、9番風祭がシュートを打つも枠を外れる。

    攻め込まれているHUMANは我慢の時間が続く。

    22分’駒同にフリーキックのチャンス。
    キッカーは6番丹田、ゴールを狙うも外れる。

    駒同の反撃も及ばず、我慢の時間を耐えた早稲田大学 HUMAN FCが優勝を手にした。

    全員攻撃、全員守備の駒澤大学 サッカー同好会。
    アイディア豊富な攻撃の早稲田大学 HUMAN FC。
    表彰式での、お互いを称え合う一言を言える両チームは素晴らしいチームの象徴であろう。

    彼らの今後の活躍に期待したい。

  • 第3位

    第3位

    東京学芸大学 FC LEO

     

  • MVP

    MVP

    根本 晋太郎(早稲田大学 HUMAN FC)

  • 得点王

    得点王

    千葉 郁憲(青山学院大学 FC Blumonte/5点)

  • 年間ベストマネージャー賞 ノミネート

    年間ベストマネージャー賞 ノミネート

    駒澤大学 サッカー同好会

  • グッドマナー賞

    グッドマナー賞

    早稲田大学 HUMAN FC

  • リフティングチャレンジ・大縄跳び選手権 優勝

    リフティングチャレンジ・大縄跳び選手権 優勝

    東京学芸大学 FC LEO

  • アシスタントレフェリー賞

    アシスタントレフェリー賞

    菅俣 亮太(文教大学 FC NUTS)

  • 敢闘賞

    敢闘賞

    左上から
    鈴木 悠太郎_(早稲田大学 HUMAN FC)
    小川 大介_(駒澤大学 サッカー同好会 O)
    秋丸 悠輔_(東京学芸大学 FC LEO)
    山下 大貴_(法政大学 Irish)
    千葉 郁憲_(青山学院大学 FC Blumonte)
    和田 匠平_(成城大学 アースエラスティックサッカー)
    阿曽 瑛_(法政大学 FC PASSION)
    長島 康亮_(日本獣医生命科学大学 サッカー部)
    谷本 涼太_(文教大学 FC NUTS)

PHOTOフィールド