2019/5/11(土)~5/12(日) 稲穂FESTA ~第17回 サッカー同好会 強化交流戦~

稲穂キッカーズ、悲願の連覇!!

2019/5/11(土)~5/12(日) 稲穂FESTA ~第17回 サッカー同好会 強化交流戦~
2019/5/11(土)~5/12(日) 稲穂FESTA ~第17回 サッカー同好会 強化交流戦~ 鹿島ハイツ
早稲田大学 稲穂キッカーズ A
  • 準優勝

    準優勝

    明治大学 体同連サッカー部 A

  • 決勝戦評

    第17回目を迎えた稲穂FESTA。昨年の雨とは打って変わり晴天に恵まれた今大会。
    関東地域の大学で結果を残している17団体23チームと、関西から唯一参加の同志社大学三ツ葉キッカーズを加えた
    総勢24チームの強豪チームが鹿島ハイツに集い、熱い試合が繰り広げられた。

    そんな稲穂FESTAの決勝に駒を進めたのは、2年連続の決勝進出・そして連覇を目指す『早稲田大学 稲穂キッカーズ A』と
    決勝トーナメントでの厳しい戦いを制し虎視眈々と優勝を狙う『明治大学 体同連サッカー部 A』。

    アンセムとともにピッチへ入場した両チーム。ベンチ・スタンドからの大きな声援が相まって決勝らしい雰囲気で、
    14時開始を告げるkick offの笛が鳴った。

    前半、主導権を握るべく球際での激しい攻防が繰り広げられ、
    ともにチームの特徴を活かした攻撃で先制点を狙っていた。

    待望の先制点が生まれたのは、前半10分。
    稲穂キッカーズの10番中島が持ち前のスピードで裏へ抜け出し、GKの1vs1を冷静に決める。
    チームキャプテンが今大会4点目となるゴールで優勝を一歩手繰り寄せた。

    対する体同連サッカー部も19分、PA内で倒されPKを獲得。
    しかしこのPKを32番辻が失敗。同点弾とはならず。

    試合はこのまま稲穂のリードで後半へ。

    後半同点弾を狙う体同連サッカー部が3分、PA外中央からのミドルシュート、
    そして8分右サイドのスローインから崩し、8番古川のシュートも稲穂DF陣の必至のブロックで得点とはならず。
    その後選手交代で打開を図り、あと少しのところまで相手ゴールを脅かした体同連だったが、最後までネットは揺らせず万事休す。

    第17回稲穂FESTAは、稲穂キッカーズAの連覇で幕を閉じた。

  • ベスト4

    ベスト4

    同志社大学 三ツ葉キッカーズ

  • ベスト4

    ベスト4

    中央大学 サッカー同好会

  • MVP&得点王

    MVP&得点王

    MVP(右)

    松山 嘉宏(早稲田大学 稲穂キッカーズ A)

    得点王(左)

    中島 剣士郎(早稲田大学 稲穂キッカーズ A)4得点

  • MIP

    MIP

    佐宗 佑亮(体同連サッカー部 A)

PHOTOフィールド